2786円 ひたちなか海浜鉄道運転席展望 湊線 勝田 ⇔ 阿字ヶ浦 【往復】 湊線の勝田駅~阿字ヶ浦駅を国鉄型車両と新型車両の2車両にて各往復完全収録 [DVD] DVD 日本映画 ドキュメンタリー 2786円 ひたちなか海浜鉄道運転席展望 湊線 勝田 ⇔ 阿字ヶ浦 【往復】 湊線の勝田駅~阿字ヶ浦駅を国鉄型車両と新型車両の2車両にて各往復完全収録 [DVD] DVD 日本映画 ドキュメンタリー 湊線,⇔,2786円,湊線の勝田駅~阿字ヶ浦駅を国鉄型車両と新型車両の2車両にて各往復完全収録,[DVD],【往復】,阿字ヶ浦,breezehere.com,DVD , 日本映画 , ドキュメンタリー,ひたちなか海浜鉄道運転席展望,/junk991433.html,勝田 湊線,⇔,2786円,湊線の勝田駅~阿字ヶ浦駅を国鉄型車両と新型車両の2車両にて各往復完全収録,[DVD],【往復】,阿字ヶ浦,breezehere.com,DVD , 日本映画 , ドキュメンタリー,ひたちなか海浜鉄道運転席展望,/junk991433.html,勝田 ひたちなか海浜鉄道運転席展望 湊線 勝田 ⇔ 往復 DVD 気質アップ 阿字ヶ浦 湊線の勝田駅~阿字ヶ浦駅を国鉄型車両と新型車両の2車両にて各往復完全収録 ひたちなか海浜鉄道運転席展望 湊線 勝田 ⇔ 往復 DVD 気質アップ 阿字ヶ浦 湊線の勝田駅~阿字ヶ浦駅を国鉄型車両と新型車両の2車両にて各往復完全収録

ひたちなか海浜鉄道運転席展望 湊線 勝田 ⇔ 往復 DVD 気質アップ 阿字ヶ浦 正規店 湊線の勝田駅~阿字ヶ浦駅を国鉄型車両と新型車両の2車両にて各往復完全収録

ひたちなか海浜鉄道運転席展望 湊線 勝田 ⇔ 阿字ヶ浦 【往復】 湊線の勝田駅~阿字ヶ浦駅を国鉄型車両と新型車両の2車両にて各往復完全収録 [DVD]

2786円

ひたちなか海浜鉄道運転席展望 湊線 勝田 ⇔ 阿字ヶ浦 【往復】 湊線の勝田駅~阿字ヶ浦駅を国鉄型車両と新型車両の2車両にて各往復完全収録 [DVD]

商品の説明

内容紹介

茨城県ひたちなか市に本社を置いている「ひたちなか海浜鉄道」は、茨城交通から湊線を引き継ぎ、ひたち なか市と茨城交通が出資する第三セクター方式の鉄道です。勝田駅から阿字ヶ浦駅までの10駅(14.3km)を 運行しています。沿線には国営ひたち海浜公園や那珂湊おさかな市場、アクアワールド大洗水族館などの 観光名所もあります。また「性能が安定し長寿命で故障が少ない」として、日本全国からキハ20系気動車を 集めた事で国鉄型気動車ファンに人気の鉄道です。1990年代後半に入ると、同系で状態の良い稼働車がほ とんどなくなったため、新製車が導入されました。 今回の運転席展望は、ひたちなか海浜鉄道の新旧の2車両を各往復にて完全収録。新製車両は2002年に 入線した「キハ37100形(37100-03)」車両です。キハ3710形とほぼ同じですが、ブレーキの二重化など一部 仕様が異なるため形式が変更されています。この車両は、2010年よりひたちなか海浜鉄道2周年記念として 「アニマルトレイン」塗装された人気車両です。また国鉄型車両のキハ205は、1965年に製造された元キハ20 形です。西日本旅客鉄道(JR西日本)から水島臨海鉄道を経て、1996年1月28日にひたちなか海浜鉄道に 入線し、同年8月にワンマン改造されました。1998年5月頃に国鉄気動車標準色の朱色と肌色の2色塗装に 復元された車両です。その他、那珂湊駅でマスコットになっている駅猫「おさむ」も収録しています。 ■撮影日/新製車両キハ37100形(37100-03) アニマルトレイン:2015年10月15日(木)晴れ、国鉄型車両キハ205:2015年10月16日(金)曇り ■区間/勝田⇔ 阿字ヶ浦(往復)(新型車両、国鉄型車両の各往復) 【停車駅】 勝田(かつた) - 日工前(にっこうまえ) - 金上(かねあげ) - 中根(なかね) - 高田の鉄橋(たかだのてっきょう) - 那珂湊(なかみなと) - 殿山(とのやま) - 平磯(ひらいそ) - 磯崎(いそざき) - 阿字ヶ浦(あじがうら) 【収録内容】 lt;運転席展望gt;新製車両キハ37100形(37100-03) 勝田⇔ 阿字ヶ浦(往復)/ 国鉄型車両キハ205 勝田⇔ 阿字ヶ浦(往復)、 那珂湊駅でのマスコット「おさむ」「ミニさむ」紹介収録 ■本作はハイビジョンで撮影された映像をDVD方式に変換して記録しております■写真は一部イメージです。場所・時間が収録内容と異なる場合がございます■本シリーズは各鉄道会社のご協力のもとに撮影しております■喚呼および走行音、車内音で一部差し替え等している場合がございます■撮影時の天候と機材の関係により、明暗バランスの乱れがある箇所がございます■運転室内のノイズ音、正面ガラスの写り込み、汚れ、振動や反射等による映像の映りこみ、水滴などがある場合がございますが、臨場感を損なわないよう、そのままの状態で収録しております。ご了承いただけますよう、お願いいた します。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

茨城県の勝田駅から阿字ヶ浦駅まで14.3kmを結ぶひたちなか海浜鉄道の運転席展望を収めたDVD。新型車両(キハ37100形)と国鉄型車両(キハ205形)の新旧2車両を各往復で完全収録。那珂湊駅のマスコットになっている駅猫・おさむやミニさむの姿も収める。

ひたちなか海浜鉄道運転席展望 湊線 勝田 ⇔ 阿字ヶ浦 【往復】 湊線の勝田駅~阿字ヶ浦駅を国鉄型車両と新型車両の2車両にて各往復完全収録 [DVD]

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。